就職や転職などの面接は苦手だという方も多いでしょう。

面接の基本的な考え方とは
面接の基本的な考え方とは

面接では最後まで最善をつくそう

就職や転職などの面接は苦手だという方も多いでしょう。面接官を前にして座り、質問に答えるのは緊張しますよね。この面接で合否がかかっていると思うと緊張してしまうのも当然です。姿勢を正し、ハキハキとした受け答えで面接官の質問に答えながらも早く面接が終わってほしいと願ってしまうのではないでしょうか。

さまざまな質問をされた後、最後に「何か質問はありませんか」と聞かれることも多いです。面接を早く終わらせたくて、「ありません」と答えてしまう人もいらっしゃるでしょう。しかし、実はここで面接をしないのはもったいないです。何か質問をした方が、就職への熱意が面接官に伝わりますよ。面接で質問に答えた後、質問したいことなどとっさに思い浮かばないかもしれません。そのため、質問がないか聞かれたときのために、何を質問するか考えておいてはいかがでしょうか。質問とは給料や残業など条件面の質問をすると、仕事よりも条件が気になる人と思われて印象があまりよくないかもしれません。また、調べてすぐにわかるようなことを聞くと、その程度のことも調べずに応募したのかと思われるでしょう。質問の内容は仕事の内容に関することにした方がよいでしょう。

Copyright (C)2021面接の基本的な考え方とは.All rights reserved.