人は意外と服装で判断をすることがあります。

面接の基本的な考え方とは
面接の基本的な考え方とは

面接をする時には格好に注意を

人は意外と服装で判断をすることがあります。ですから、可能な限り、よい格好をしておくことです。それは面接にも言えることであり、これがとても大事なことになります。それで採用が決まるとは言い難いですが、落とす理由にはなります。さすがに色々な理由がありますが、その一つとなり得るのが汚い格好、と言うことになります。いくらなんでもスーツを着ており、それがキチンとクリーニングをされているのであれば、格好としてはまったく問題ないです。ですから、そんなに心配することではないです。いくらでも考え方はありますが、一般的にスーツがよいとされているわけですから、それには従っておくべきです。つまりは、スーツに革靴が基本的にはベストであるといえます。それこそが、よい格好であるといえます。

あくまで面接で評価されることは、スキルであったり、経歴であるわけですが、まず、最初に見栄え、格好によって判断されることになります。これはある意味では当然であり、その程度のことに配慮できないのであれば、雇う価値はない、とするのは当たり前であるといえます。最低でも面接ではスーツを着ていくことが賢明であるといえます。そうすれば、門前払いをされることはなくなります。

Copyright (C)2021面接の基本的な考え方とは.All rights reserved.